≪パリで毎日何を食べているの?≫

日本でよく聞かれる事の一つがこれです。「和食がメインです」と答えると「へ~~!お米とかもあるの?!」
と驚かれますが、ここではなんでも手に入ってしまいます。
日本人も多く住むパリの街中には日本食が集まる通りもあり、そこにはラーメン屋さん、焼き肉屋さん、うどん屋さん、お好み焼き屋さん、そしてお寿司屋さんが立ち並んでいます。ヘルシーかつおいしいというので日本食は外国の方にもとても人気で、フランス人に「お寿司は○○がおいしいよ!!」と勧められたり、レストランでは皆慣れた手つきでお箸を使って食べています。普通にうどんやかつ丼などをお箸で食べているんですよ!これも留学して驚いた事の一つです。最近ではスーパーに普通にお寿司のパックが並んでいたり、アジアンコーナーが設けてあるところもあるほどです。 何軒か在る日本食材屋さんは、店内に一歩足を踏み入れればそこは日本そのもの。お米はもちろん、調味料全般、レトルト食品、お豆腐、納豆、梅干し、和菓子、カップラーメン、さらに食品以外でも耳かき、サランラップ(こちらのサランラップは切れが悪く日本のものにはかないません!)そしてお箸やお弁当箱まで売っているのです。ただ、お値段は日本で買うよりも倍近くするので、似たようなものがちょっとお安く購入できる韓国食材屋さんもよく利用します。スーパーやお魚屋さんに行き、生で食べられるお魚があればお刺身にしたり、友人で集まって手巻き寿司パーティーをしたり、、、。冬には土鍋でキムチ鍋や味噌鍋をしたり、この間はお世話になっている先輩のお宅でとり鍋を頂いてきました♪ 外国人の友人を家に招いた時にもよく日本食を作るのですが、とても喜んで食べてくれます。(納豆は微妙かな?!)お醤油やソースの味が好きなのでしょうか??それにしてもこれだけ日本のものが手 に入ってしまうなんて、便利な世の中です。

Leave a Reply