《御礼》22.07.2010

去る17・18日、お陰様で無事に山形交響楽団の定期演奏会を終えることができました!指揮者の飯森さんをはじめ山形交響楽団の皆様が温かく迎えてくださり、サポートしてくださったお陰で、ほどよい緊張の中楽しんで弾く事ができました。オーケストラ、特に管楽器やハープにとって超絶技巧と言われるこの曲ですが、山響の皆さん素晴らしかったです!!躍動感溢れる1・3楽章、叙情的で美しい2楽章。オーケストラの音が体全体に響き、一緒に演奏している時間は本当に幸せでした♪2日間ともお陰様で会場はほぼ満席。猛暑の中足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。恩師の先生方や友人、いつも応援してくださる大勢の皆様が来てくださり、また中学校の卒業式以来再会した先生とは、「美穂ちゃんの中学校の時の登校時の走ってる姿やヒ゜アノの本番直前なのに運動会が大好きで参加している姿など色々思い出した~」と懐かしい話で盛り上がりました!いかに多くの方々に支えられてここまできたかを再確認し、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の定期演奏会のテーマ”音楽たちの出会いと語らい”のように、同じ時を共有し喜びを感じられることのできる音楽の力はやっぱりすごいです。今回の本番で学んだことを生かし、また次に向け精進したいとおもいます!!数日後一度パリの方へ戻り、8月初めにまた”アフィニス音楽祭”の為に帰国します。日本同様、あちらもかなりの猛暑のようです。クーラーの無いお部屋での練習はまさに地獄ですが・・・(^^::)覚悟して帰ります。

  写真:演奏後指揮者の飯森範親さんと♪

Leave a Reply