≪パリ、秋の訪れ≫ 15.09.2010

先週パリに戻ってきました。着いた日の気温はなんと11度!!あの日本の猛暑から一変、朝・夕は肌寒く感じるほどです。紅葉も始まり、街を歩く人々もブーツにジャケット着用とすっかり秋モード。といってもこのような過ごしやすい時期も束の間。こちらは一年の中で春と秋の時期が短く、寒い冬を終え暖かい春の陽気が訪れたかと思えば、日に日に太陽の日差しが強くなりあっという間に夏に、暑い夏を終えて涼しい秋の季節になったかと思えば瞬く間に冬になります。今の気候を味わえるのもあとどれくらいでしょうか??

  そして9月は新年度スタートの時期です。こちらへ戻って来て溜まっていた書類の整理、今年度の学校の登録を終え、今は滞在許可証の更新の為準備中です。滞在許可証は海外に住む外国人にとって必要不可欠なものです。滞在許可証と言っても、労働ビザ、就学ビザ、研修生ビザ、ワーキングホリデービザなど種類は色々あります。 学生ビザは一年に一度、◎新年度の学校の登録証明、◎前年度の就学証明、◎住居証明、◎銀行の月々の明細所一年分、◎証明写真、◎パスポート ◎前年度の滞在許可証(全てオリジナルとコピー)を持って警視庁の学生課(というのでしょうか?)に更新に行かなければなりません。パリは外国人が多く住む為、この更新の時期には警視庁の学生課はやや混乱状態。書類の不備で追い返される人、それに腹を立てて喧嘩する人々、不親切な対応に怒りをぶつける人。このような光景も珍しくありません。スムーズに終わる事も稀で、長い時には4~5時間。私は散々待った挙句「今日の受付はもう終わりだから、明日の朝8時半に来て」と言われた事も!!中は緊張とストレスの塊です;;もちろん親切に対応してくれる方もいますが、受付の人によって書類がスムーズに通るかそうでないかが決まるというのが困りものです。いつも「親切な人にあたりますように…..」と自分の番号が呼ばれる間、複数ある受付を見回しては「あの人にあたりますように!!」と心の中で祈っています・笑・さらに今年はその場所がパリの18区という治安が良くない区域に移動になった為、またそれも緊張で・・。無事にビザの更新ができますように・・・!

 こちらの生活に慣れてきたとはいうものの、やはり知らず知らずの間に常に気が張っているようです。日本に居る時の安心感はやはり違いますね~。外国人という立場で生活をする大変さをしみじみ感じますが、これも全て経験ですよね。

 新学期スタートです!もうすぐレッスンも始まり来月は室内楽のコンサートがありますので、楽しみながらめいいっぱい頑張りたいと思います!

Leave a Reply