≪ドイツ・ノインブルクでの演奏会≫17.07.2013

P7131388 先日演奏会でドイツ・ニュルンベルク近郊のノインブルクという町に行ってきました。P71213772年前に一度ソロリサイタルで訪れ、その緑豊かな町の美しさや人の温かさがとても印象深く思い出に残っていたので、再訪をとても楽しみにしていました。今回はチェロ&ピアノでのデュオ・コンサート。初日には小学生を対象にしたアウトリーチコンサートもさせて頂きました。こちらでは初めにブラームスの歌曲編曲とサン・サーンスの白鳥を演奏し、その後はフランス語の堪能な先生の通訳を通しての質問タイムでしたが、その子供たちの積極的なこと!「今まで何カ国訪れましたか?」「いつ音楽家になろうと思ったのですか?」「スポーツもするのですか?」「日本語を少し聞きたいのですが・・」。中にはインターネットで調べて日本語で質問をしてくれた生徒もいたりと、それぞれ興味のある質問を次から次へと投げかけてくれて、子供たちのお陰で充実したあっという間の2時間となりました。表情のコロコロ変わるプーランクの曲を弾いた時にはくすくす笑ってみたり、白鳥を演奏した時には微動だにせず集中してくれたりと、そのストレートな感情表現がとても嬉しく、言葉は直接通じなくても音楽を通し会話ができたことをとても幸せに感じました。 DSCF1799そしてその翌日には昨年完成した新しいホールでのリサイタルでした。曲目はベートーベンのピアノ・ソナタ〝悲愴”やプーランクのチェロとピアノのためのソナタ、そしてシューベルトのアルペジオーネソナタなど。片面ガラス張りのホールで夕暮れとともに前半・後半のホール内の印象ががらりと変わり、何か申し合わせたかのようにプログラムともマッチして、なかなか味わうことない雰囲気の中での演奏会となりました。お客様の中には2年前の演奏を覚えていて来てくださった方々もいたそうで、とても嬉しかったです。さてこちらでの滞在の楽しみは演奏会もさることながら、ホームステイ先の家族との時間です。毎食お母さんの美味しい手料理を囲み、音楽の話、お互いの文化の話や家族の話など、忘れかけている英語を一生懸命思い出しながら沢山話をした時間はとても貴重でした。ドイツ語も沢山教えてもらったな。。3日間お世話をしてくださった心温まるご家族には感謝の一言です。  次は7月28日(日)15時~山形テルサでの演奏会です!今回の経験を糧に本番まで精進したいと思います。

Leave a Reply