≪ブルス広場~Place de la bourse~≫19.10.2013

DSC00678ボルドーの名所の一つであるブルス広場(写真左)。当時、王国広場(Place Royale)とも言われていたこの広場は、中DSC00677央に置かれていたルイ15世の像(現在は三女神像の噴水となっています)を囲む宝石箱をイメージしてつくられたそうで、それも納得!その名の通り煌びやかで荘厳で、初めてボルドー中央駅からトラムでこの場に降り立ったときの感動は今でもはっきりと覚えています。そして前を流れるのは、ボルドーの歴史の中枢となるガロンヌ川(写真右)。貿易船が頻繁に訪れていた当時と変わり、今では年に何度か観光船もしくは巨大な豪華客船が寄港している姿がみられ、街ゆく人特に子供たちの注目を集めています。大きく湾曲する川沿いには花壇や可愛らしい遊具の揃う公園、バスケットやスケートボードのコート、そしてアウトレットモールなど子供から大人まで楽しめる設備が設置されているので、休日になるとそれぞれの目的で楽しむ人で溢れかえりとても賑やかな場所となります。普段なかなか夜こういう場所に来ることはないのですが、昨夜思いがけず立ち寄ることができ改めてその美しさに感激したひと時でした♪

Leave a Reply